« 古い車を売却してから次の車が納入され | トップページ | 中古自動車を売ろうとする際に車検の残り期間 »

2017年1月18日 (水)

下取りではなく中古車買取業者に車を売却

下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、業者からの電話連絡がひきもきらず入って驚くことでしょう。
見積り金額には幅があるから、現状確認をするために車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。
何度もしつこく電話を入れてくる会社もあるようですから、面倒なときは既によそで売却済みと言ってしまうのが賢い方法です。
さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。
溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。
車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、買い取ったあとに販売店のほうで業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも極めて普通に行われているからです。
タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。
手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。
出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。
他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで査定額が変わることも往々にしてあるのです。
一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで異常に高額な査定額を表示する業者は詐欺会社かもしれませんから注意するに越したことはないでしょう。

大寒たまご限定 あづみ野バウム【拡大】
長野県安曇野市の「あづみ野菓子工房 彩香」(運営:松本荻原製菓有限会社、代表取締役:荻原 隆之)は、毎年恒例1月20日「大寒の日」に産まれた「大寒たまご」のみを使ったシリアルナンバー付きバウムクーヘン『大寒たまご限定 あづみ野バウム』を2017年1月21日(土)より (続きを読む)


« 古い車を売却してから次の車が納入され | トップページ | 中古自動車を売ろうとする際に車検の残り期間 »

趣味」カテゴリの記事