« 中古自動車を売ろうとする際に車検の残り期間 | トップページ | 所有する車を買取に出そうと思案した »

2017年2月 9日 (木)

廃車とローンと売却の悩み…。

ローン完済前の車を売るときは、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。
それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、実際の所有者名義もローン会社である事が一般的だからです。
売却にあたっては残りのローンをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、できないのであれば例えば買取額から自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。
但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、手つづきも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。
自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。
多数の業者に査定して貰いできるだけ高く買い取ってくれるところで実際の取り引きをする方が良いでしょう。
しかし、取引契約を締結してからのキャンセルをおこなうことは不可能か、キャンセルできても賠償金を請求される事が多いでしょう。
契約に関する詳細については取り交わす契約書にけい載されていますよねから、契約をする際には必ずすべての文章を熟読してからサインすることが大事です。
何度も車査定の相場を調べるのは厄介かも知れませんが、探す行為をしておいて損はありません。
むしろ、車をもっと高く売りたいのであれば、愛車の相場を確認しておいた方が良い状態でしょう。
なぜなら、相場を認識しておくことで、営業スタッフが見せる査定額が相場とくらべてどうかジャッジできるからです。
業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。
次のような流れになるんですので参考にしてください。
まずは一括査定ホームページなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額を出して貰い、業者が来て実車査定を行ない、その業者が出せる査定額が決定します。
金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。
引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手つづきがひと通り終わった後で指定した口座に売却代金が振り込まれます。

« 中古自動車を売ろうとする際に車検の残り期間 | トップページ | 所有する車を買取に出そうと思案した »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃車とローンと売却の悩み…。:

« 中古自動車を売ろうとする際に車検の残り期間 | トップページ | 所有する車を買取に出そうと思案した »