« 中古車売買に際して1年1ヶ月以上車検が残 | トップページ | 車査定の相場をなんども調べるのは厄介かもし »

2017年3月 4日 (土)

車を持っている人なら入ることが義務付けられている

車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。
ある条件とは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。
廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。
さらには、還付金が生じるケースでも手続きなしに入金されるという事はないのです。
保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。
勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。
いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。
きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。
自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理に修復しようと試みずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。
車の所有者にかかってくる自動車税は、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。
でも、車を売却する際には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。
しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り返却される制度はないのです。
還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合にはプラス査定してくれるケースもあるのです。
買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

「おひなさま」が交通安全呼び掛け 新潟・柏崎署員
桃の節句の3日、柏崎署員らが柏崎市日吉町の県道で、おひなさまやお内裏さまの姿で交通安全を呼び掛けた=写真=。ドライバーは色鮮やかな衣装に目を丸くしながらも、笑顔でチラシを受け取った。 同署と市などが実施した。おひなさまには地域課巡査の関川奈那 (続きを読む)


« 中古車売買に際して1年1ヶ月以上車検が残 | トップページ | 車査定の相場をなんども調べるのは厄介かもし »

趣味」カテゴリの記事